ゴルフ会


      H29.9.27 於東京ゴルフ倶楽部

1. 現在のゴルフ会会員数は約60名ですが、年々高齢化が進んでいますので、若い会員の入会は大歓迎です。

2. 平成30年の使用ゴルフ場は以下のとおりで、できるだけ近郊のコースを選び、高齢化に備えて、乗用カートが使用できるコースを6コースに増やしています。 (※は乗用カート使用コースです。)

平 成 3 0 年 使 用 ゴ ル フ 場
1月  レインボーカントリー倶楽部 神奈川県
2月  本厚木カンツリークラブ 神奈川県
  3月  霞ヶ関カンツリー倶楽部 埼玉県
  4月  飯能ゴルフクラブ 埼玉県
5月  中山カントリークラブ 千葉県
6月  厚木国際カントリー倶楽部 神奈川県
  7月  鷹之台カンツリー倶楽部 千葉県
8月  程ヶ谷カントリー倶楽部 神奈川県
  9月  東京ゴルフ倶楽部 埼玉県
  10月  狭山ゴルフ・クラブ  埼玉県
11月  武蔵松山カントリークラブ 埼玉県
12月  茨城ゴルフ倶楽部 茨城県


3. 月例競技会は全て平日とし、月曜日から金曜日を公平に利用するようにセットすることとしています。

4. 毎月の月例競技会優勝者に参加資格のある年間クラブチャンピオン大会を、12月の茨城ゴルフ倶楽部の月例競技会に並行して行い、特別の表彰を行っています。

5. 9月の東京ゴルフ倶楽部の月例競技会をオープン競技会として拡大し、ゴルフ会会員でない日本倶楽部会員中のゴルフ愛好者も参加出来る大会を開催して、クラブライフの活性化に努めています。

6. 会員の高齢化に伴い、高齢者優遇の特別ルールを設定し、高齢の会員の参加を奨励するように配慮しています。

7. 毎月の月例競技会の優勝者には、総理大臣杯が授与(持回り)されるほか、その他の順位賞、ニヤピン賞、参加賞などを用意し、プレー後に表彰懇親会を行なっています。
 月例競技会の費用は、参加者の参加費を原資として、当日の賞品代、懇親会費等に充当する独立採算制を採用しています。(プレー代等は自己清算)

8. ゴルフ会の運営は、現在8名の運営委員の合議により行っており、ゴルフ会会員にはプレーに参加していただく他に義務的なものはありません。
 

ページ上部へ